後輩に贈る言葉

2021年卒

金山夏一君(國學院高校) 早稲田大学 文学部

明治大学、青山学院大学、立教大学、日本大学合格

私が大学受験で勝利を収めることが出来たのは、間違いなくこの「青沼英語塾」のおかげです。
私は英語が大の苦手でMBクラスに所属していたのですが、なんと夢のまた夢だと思っていた早稲田大学に合格することが出来ました。
今思えばそんな奇跡を起こせたのも青沼の精錬されたカリキュラムのおかげだったように思えます。
青沼英語塾には素晴らしい特徴がたくさんありますが、ここではその中から私が特に良かったと感じた点を3つご紹介します。

まず1つ目は、青沼英語の最大の武器と言っても過言ではないであろう英語の「数学的解析」です。
私は青沼に入る前、英語を完全にフィーリングで読んでいました。
きっとこれを読んでくださっている方の中にもそういう方は多いのではないかと思います。
しかし、青沼では英語を数学的に扱います。
つまり、英語を論理的に読み解いていくわけです。
青沼で培われたこの英語に対する論理的思考は入試において抜群の威力を発揮します。

例えば、試験中にひと目では理解出来ないような英文が出てきた時に、焦らず落ち着いて青沼で習った通りに解釈すると文の構造が取れるようになります。
私自身も今までフィーリングで捉えていた英語が、その構造を理解することによって徐々にスラスラと頭に入ってくるようになり、驚かされたのを今でも覚えています。
この力は青沼でしか養うことが出来ない特別な代物の1つです。

 2つ目は授業1コマ1コマの完成度の高さです。
授業で1番大事なことはなんだと思いますか?それは先生の解説を聞くことです。
青沼では生徒が先生の解説に100%集中する為に、ノートは事前に完成された物を配布され、先生が指示した時のみそれに書き込む形式を取っています。
なので生徒は基本的に先生の話を聞くことに全神経を注げて、授業の理解がより深まるのです。
もちろん殆どの予備校ではそのような処置は無く、生徒は板書を写すことに必死で先生の話を十分に聞き取れていません。
ここが青沼の生徒が優秀な理由の1つだと思います。
また、授業内容も非常に高度に体系化されていて、まさに「無駄のない」授業が実現されています。
ここまで練り上げられた英語の授業は日本でも青沼だけなのではないでしょうか。

 3つ目はなんと言っても夏期以降から始まる「TRLトレーニング」です。
TRLをざっくり説明すると、夏期講習で扱った英語長文を目で追いながらネイティブの速度で毎日聞き続けるというものです。
この説明で「本当に効果があるのか」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
私も正直最初は高速で流される英文についていけず、効果があるようには思えませんでした。
しかし、1ヶ月2ヶ月3ヶ月と日が経つにつれ徐々に脳が慣れてきて、遂には英文を聞くと同時に意味が頭に浮かぶようにまでなりました。
これによりリスニング力が格段に向上し、テストでリスニングが足を引っ張るということが無くなりました。
TRLトレーニングは毎日の積み重ねです。
効果が無いといって諦める事無く、必ず毎日実施するようにして下さい。
そうすれば、あなたのリスニング力は飛躍すること間違いなしです。

以上が私の思う青沼オンリーワンの特徴です。
もちろんこれ以外にも青沼はたくさんの武器を持っています。
オリジナル単語帳や、塾長講義録を通しての復習制
度、また他教科の指導も手厚く行ってくれます。
是非青沼で「第1志望大学」を掴み取って下さい!応援してます!

東原理子さん(茗溪学園) 獨協医科大学 医学部

 大学受験において、「英語」は試験の合否を左右する重要な科目です。
私は高2の夏から「青沼英語塾」に入塾し、本格的に「受験英語」の勉強をスタートさせました。
元々「英語」は比較的得意な科目で、十分な勉強をせずとも学校内ではよい成績を維持できていました。
ですが、次第に模試での偏差値も頭打ちになっていき、生半可な勉強では大学受験において通用しないということを痛感しました。
特に「青沼」に通う前の私は単語の勉強を十分にしておらず、長文も感覚で読んでいました。
「青沼のカリキュラム」は、とにかく単語や文法をマスターするということに特化しています。
私は大学受験の何たるかをよくわかっていなかったので、その道のプロである「青沼のカリキュラム」に沿って勉強することを決心しました。

 入塾当初は、迅速かつ無駄のない授業展開に圧倒され、しっかりとついていけるか不安でした。
授業中、本当に一瞬の気の緩みも許されないからこそ、教室全体に良い緊張感が漂っていたのが印象的です。
授業冒頭に行われる「単語・熟語テスト」は、正確かつスピーディーさが求められ、単語や熟語を単にゆっくり思い出すのでは意味がないということを、身をもって知ることになります。
私は入塾前、前述したように「単語」が全く定着していませんでしたが、「青沼」を卒業するときには英単語の意味が一瞬で言えるほどまでに成長しました。
また、基礎である文法の授業が一通り終了したのちに長文対策として、全文を和訳したり要約したりすることで「読解力」を身に着けることができました。

 「青沼」は英語だけでなく、受験勉強全体の勉強法も指導してくれます。
自分で決めた一冊を正答率100%になるまでやり込む「一冊100%主義」は、「青沼」で伝授されたそれの一つです。
私の場合、数学と理科二科目それぞれで100%に完成させる一冊を選び、ひたすらできるようになるまで問題を解きました。
それまで数学と理科は苦手科目でしたが、一冊やりきると徐々に成績が安定してくるようになりました。
「一冊100%主義」は、私を現役合格へと導いてくれた勉強法です。
理屈は単純ですが、多忙な受験期ではつい見落としがちな合格への最短距離ではないでしょうか。

 「青沼」に入塾してから、「英語」だけでなく、「学問を学ぶ姿勢」をも学ぶことができました。
毎年数々の難関大合格者を輩出している「青沼のカリキュラム」に従って勉強を進めれば、大学入試に十分通用する力が身につきます。
私は早期受験を利用しましたが、その対策と「青沼」の授業にもついていくための勉強を並行して行いました。
受験の準備の中でも「青沼」の勉強を続けたことで、試験本番でも自信をもって挑むことができました。
受験生の皆さん、受験勉強をするにあたって辛い思いを経験することもあるかと思いますが、自分のしてきた勉強を信じて合格を掴み取ってください。
皆さんに来年素敵な春が訪れるよう、心からお祈りしています。

北澤宏太郎君(市川高校) 早稲田大学 創造理工学部

金沢工業大学 建築学部合格

「皆さんは、なぜこのパンフレットをみているのでしょうか?」 
理由は様々でしょうが、大きな目的はきっと受験を乗り切るためでしょう。 
「では、なぜ受験をするのでしょうか?」 
周囲の人間が受験するから自分もする、親や先生に言われたから、そうゆうものだから。 
きっと盲目的に受験勉強を行っている方も多いのではないでしょうか。
はっきり言いますが目的のない知識は翼のない鳥のようなものです。
その場しのぎで受験を乗り切っても何も得るものはありません。
物事において、もっとも大切な核となるものは「なぜ?」です。
青沼英語塾はこの「なぜ?」を徹底的に追求し、目的があり納得できる英語学習、受験、勉強を全力でサポートしてくれます(あくまでも自分で探し行動することで意味を成しえます)。 
青沼の講師陣はいつも本気で生徒と向かい合っています。
他の予備校で散見される難関校の合格実績を誇るなんてことは青沼にはありません。
青沼の講師陣が最も重きを置くのは、あなたの将来とこの受験がマッチしてるか?です。
世間体や大学のネームバリューなどよりもあなたの志、そして将来を尊重してくれます。
目的を持って勉強に臨む方にとって青沼英語塾はその心意気を最大限体現できる場であり、ここで第一志望を勝ち取ることは(その偏差値の高低に関わらず)、ほかのどんな受験に挑む方法よりも無駄なく迷いなく単純明快です。 
この塾は、本気の人間の、本気の人間による、本気の人間のための塾です。

Sさん(国府台女子学院) 慶應義塾大学 商学部

早稲田大学、立教大学、学習院大学、他2大学合格

私は兄の勧めで高校2年生の春から青沼英語塾に通い始めました。
それまで私はフィーリングで英語の問題を解いており、なんとなく出来るからそれで良いと思っていました。
しかし青沼英語塾の授業を受けてその考えは180度変わりました。
青沼英語塾では基礎的な文法から授業が始まるのですが、その一番初めである5文型の授業を聞いて、自分がそれまでいかに曖昧な英語の読み方をしていたかに気がついたのです。
論理的に英語を解析していく青沼英語塾独特のテキストと塾長講義録は隅々まで丁寧で無駄がなく、これらのおかげで私は英語を一番の得意科目にすることができました。
私が思う青沼英語塾の魅力を3つ紹介します。

 まず1つ目は英単語への取り組みです。
青沼英語塾では単語と文法を非常に大事にしており、毎週単語テストがあります。
すべての単語に覚え方のついた確実に記憶できる単語帳を使って、実戦的な単語力を養います。
特に語源編では、本番の入試で知らない単語が出てきたときにも応用できる知識が多くあり、私も実際に過去問を解きながら何度もこの単語集をやっていて良かった」と思いました。

 2つ目は先生の熱量とクラスの雰囲気です。
先生の真剣な授業と、それを聞いている生徒の集中力が合わさり独特な緊張感が生まれ、毎週青沼英語塾の教室に入ると気持ちが引き締まりモチベーションが高まります。
授業だけでなく、志望校決定の際には1人1人と真剣に面談をしてアドバイスをしてくださいます。

 3つ目は青沼英語塾に通えば勉強法に迷う時間が一切ないということです。
先生についていきさえすれば、英語を基礎から完璧に理解して、本番の雰囲気に左右されない着実な得点源にすることができます。
また、1冊100%主義を採用した他教科の勉強法についてもアドバイスしていただけます。
私が全ての受験校に合格したのは、青沼英語塾で勉強して英語に絶対の自信を持つことができたからだと胸を張って言えます。

青沼英語塾を信じて最後まで取り組めばきっと良い結果がついてくるはずです。
みなさんの努力が報われることを心から祈っています。