A6-top-01-02

一流大学を目指す仲間と一緒にスタートを切る

2022年度青沼英語塾の入塾受付について

[新高校3年生]
青沼英語塾が目指しているのは一流大学の現役合格です。
青沼英語塾は、同じ目標を持つ塾生たちのエネルギーが満ちていて、自分のやる気を刺激してくれます。
この環境に一刻も早く自分を置くことが受験の成功につながります。
高3生は1学期12回、夏期12回、2学期13回、冬期4回の授業がありますが、この中で受験成功に直結するのが夏期12回の授業で大変重視しています。
このため高3生の入塾受付は6月末日を最後とし、どんなに遅くスタートした生徒でも夏期講座には必ず出てもらいます。
6月末までは入塾が可能ですが、後から入ってきた生徒には、オリエンテーションをはじめ1学期の受けていない授業のビデオを見て講義録を読み、自習して遅れを取り戻してもらいます。
青沼英語塾のカリキュラムは10カ月で一流大学合格レベルに到達できますが、やはり、早期にスタートした生徒の方が余裕を持って勉強でき、有利になるのは間違いありません。
2022年度のオリエンテーションはMAクラス3月14日、MBクラス3月15日です。
オリエンテーションはビデオでも視聴できますので、可能な限り初回の授業から休まずに受け続けることが合格への近道になります。
初回授業はMAクラス3月28日、MBクラス3月29日です。
高みを目指して初回授業から参加できるように手続きを進めてください。
青沼英語塾の講師、スタッフ、一緒に学ぶ仲間たちで一丸となって目標達成のための高いエネルギーをつくり出していきましょう。

[新高校1・2年生]
受験勉強のスタート時期は各生徒の事情や性格により様々です。
青沼英語塾では一般的な生徒が、志望大学に合格できる理想的な受験勉強の期間を500日と指導しています。
入試まで500日で計画すると、勉強のスタート時期は2年生の夏休みになります。
青沼英語塾のカリキュラムの本番は3年生からなので、3年生から入塾しても十分間に合います。

それでは青沼英語塾ではなぜ高1・高2クラスを開講しているのでしょうか。
それは2年生の夏休みや3年生になって、いざ受験勉強を始めようとする際に、いきなり自分をコントロールしてやる気マックスで勉強を継続できる生徒が多くないからです。

そこで1年生には、自ら主体的に勉強する自立学習を習慣づけ、中学で抜けてしまっている基礎英語を受験に通用するレベルにし、定期テストで100点をとる勉強を指導します。

2年生は1年生のテーマに加え、最重要の課題としては3年生で青沼カリキュラムを完全制覇するための予習をやることになります。

このように1・2年生から青沼英語塾の勉強法になじむことで、3年時のカリキュラムに取り組みやすくなり、習得できる時間が大幅に短縮でき、他教科の勉強時間を増やすことも可能になり志望校合格が実現しやすくなります。

来年の春を笑って迎えるために、ぜひ早めに入塾手続きをしてください。

1. 入塾手続きは次の入塾お申込みボタンで入塾お申込みフォームに飛び、必要事項を記入して送信してください。
※ 新高2.3年生はAクラスかBクラスをお選びください。1年生は1クラスだけです。
※ 現在の成績に関係なく東大、早慶上智などが志望校の生徒はAクラス(3年MA・2年2A)
※ 現在の成績に関係なくGMARCHなどが志望校の生徒はBクラス(3年MB・2年2B)が基本です。
※ 1学期中はクラスの変更が可能です。

2. 入塾お申込みフォームが届くと、入塾受付メールが返信されますので、記載されている指示に従い受講料のお支払いをお願いします。

3. 受講料のお支払いが確認できましたら、オリエンテーションの参加方法をお送りします。

4. オリエンテーションが終了している場合には、ビデオとテキストをご自宅にお送りしますので、ビデオを視聴してください。

5. できる限り初回授業に間に合うように手続きをお願いいたします。

入塾のお申し込みは、フォームに必要事項を記入し送信してください。

入塾お申し込みの前にご相談のある方は、塾長面談をお申込みください。

大好評だった2022年度説明会のビデオが視聴できます。