新型コロナウイルス感染症対策について

by aonuma
この投稿のコメントは受け付けていません。

[当塾が行っている感染対策] 

  1. 塾の入口2カ所に非接触型の検温器と自動消毒液噴霧器を設置しています。 
  2. 窓の喚起がしやすいように内装をリフォームしました。 
  3. 授業前には入口扉と窓を全開で喚起を行い、授業中は窓を少し開け喚起を行っています。 
  4. 室内に高額な除菌装置を設置しました。 
  5. 1回の授業ごとにテーブルと椅子の消毒を行っています。
  6. 面談室にアクリル板を設置しました。
  7. 講師及びスタッフは常にマスク着用で対応しています。
  8. 教室の閉鎖にも対応できるように、ライブ授業、ビデオ授業が可能な体制作りを進めています。 

[塾生と保護者各位へのご協力依頼] 

上記のような感染対策を行っていますが、塾側の対応だけでは感染を防げませんので、塾生及び保護者各位に次のご協力をお願いいたします。 

  1. 入口にて検温し、37℃を超える発熱がある場合は入室禁止。 
  2. 入口に設置された消毒液噴霧器で手指を消毒。 
  3. 教室内マスクの着用(何らかの理由でマスクの着用ができない場合は、別席を用意)。 
  4. 教室内ではできるだけ不要な会話を避ける。
  5. 次の場合には通塾を控える。 
  • 本人が37℃を超える発熱や風邪の症状が出ている場合やその他味覚障害など感染が疑われる症状がある場合。 
  • 学校や家庭に感染者がいて濃厚接触者となった場合。
  • 症状がなくてもPCR検査で陽性となった場合。 

[オンライン授業について] 

現在MAクラス、2Aクラスの授業をライブ中継で受講することが可能です。 
MBクラス、2Bクラスについても必要があれば対応します。 

  • 通塾に不安を感じる場合は、一定期間を定めて通塾生からオンライン受講生に変更できるように対応しますのでご相談ください。 
  • 同居する家族が感染者となった場合など、本人が濃厚接触者に指定された場合も上記ライブ授業に参加できるように対応します。 
  • 本人が感染し授業を受けられない場合、体調回復後にビデオ授業を受講できるようにします。(ビデオ授業の視聴期間は1授業につき1週間とします。) 
  • 行政により全地域的な外出禁止や学校閉鎖などの措置が取られた場合は、教室を閉鎖し、全授業を同じ日時でライブ配信します。 

以上 

この記事を共有する

コメントは締め切りました